コラム(大子弁講座)

大子弁の特徴

助動詞の変化 「ぺ」と「べ」について
 
茨城は「ぺ」で、栃木は「べ」、福島は「ぱい」が使われますが、大子では「ぺ」と「べ」の両方が使われています。
 
おう → うべ
買おう → 買うべ
こう → くべ
書こう → 書くべ
そう → すべ
返そう → 返すべ
とう → つべ
立とう → 立つべ
ぼう → んべ
飛ぼう → 飛ぶべ → 飛んべ
もう → んべ
読もう → 読むべ → 読んべ
よう → っぺ
立てよう → 立てべ → 立てっぺ
ろう → っぺ
走ろう → 走るべ → 走っぺ
 
(「お」の列+う)が(「う」の列+べ、さらに「んべ」、「っぺ」)に変化。
助動詞の変化 「ぺ」と「べ」について
 
茨城は「ぺ」で、栃木は「べ」、福島は「ぱい」が使われますが、大子では「ぺ」と「べ」の両方が使われています。
 
おう → うべ
買おう → 買うべ
こう → くべ
書こう → 書くべ
そう → すべ
返そう → 返すべ
とう → つべ
立とう → 立つべ
ぼう → んべ
飛ぼう → 飛ぶべ → 飛んべ
もう → んべ
読もう → 読むべ → 読んべ
よう → っぺ
立てよう → 立てべ → 立てっぺ
ろう → っぺ
走ろう → 走るべ → 走っぺ
 
(「お」の列+う)が(「う」の列+べ、さらに「んべ」、「っぺ」)に変化。
多彩な接頭語
 
もう一つ特徴として、「つっ」や「かっ」「ひっ」とかの接頭語が付きます。
 
 かっ ---→ かっぽる、かっちぎる、かっぺなす
つっ ---→ つっつぁさる、つっぱいる、つったてる
ひっ ---→ ひっぺがす、ひっちめる、ひっつかむ
ぶっ ---→ ぶっくらす、ぶっちらかす、ぶっちめる
 
これらは大子弁(茨城弁)が荒っぽいと言われる所以です。
「い」と「え」がごっちゃになる
 
大子弁(茨城弁)の特徴として「い」と「え」の区別がつかないことがあります。特に年寄りの人に顕著で、インピツ・エンターチェンジなどと言います。
また、これらの言葉の中には方言か訛か判別しづらいものもあります。
 
例えば
あい、あえ ---→ えー (えーさつ、えーもの)
かい、かえ ---→ けー (けーもの、けーる)
さい、さえ ---→ せー (せーふ、せーねー)
 
というように、いとえの区別がつかない上に訛っているので、解りづらくなっています。
格助詞の変化
 
大子に住んでいると気にならないが、他の土地の人には気になるようです。
 
  に ---→ さ (上さ、山さ、遠くさ、駅さ、役場さ・・・等)
の ---→ な (奥な方、下な隠居・・等)
の ---→ ん (山ん中、水ん中・・・等)
と ---→ り (バチーり閉める・・・等)
く ---→ か (高かねえ、寒かねえ・等、格助詞ではありませんが)
濁音と鼻濁音
 
みなさんは意識して濁音と鼻濁音を使い分けているでしょうか。たぶん無意識に使い分けていると思います。
 
次の言葉を声に出して読んでみてください。違いが分かると思います。
が ---→ 外国とマンガ、ガソリンとはがき
ぎ ---→ 銀座とペンギン、銀杏とカギ
ぐ ---→ グラジョーラスと久慈郡、軍艦と大群
げ ---→ 現代と人間、ゲジゲジと逃げる
ご ---→ ゴキブリとジュゴン、ゴミと籠

大子弁ではこれらを使い分けてください。ちなみに
でえご(鼻濁音)は大子で
でえご(濁音)は大根です

「か」行も鼻音を使い分けてほしいのですが、使い分けが難しくて出来ません。
比較的「き」が判りやすいと思います。
き ---→ 汽車と十八金
 
他に、い(いろはのい、いますのい)え(えだのえ、えほんのえ)お(おとなのお、おとこのお)等も昔の人は完全に文字も発音も使い分けていたのです。残念ながら現代人は発音はおろか,書き分けることも出来なくなってしまいました。じとぢ、ずとづは発音は区別できなくても書く場合は使い分けていますね。
濁音の清音化
 
清音が濁音になるのは普通ですが、濁音が清音化する場合があります。
 
例えば
難しい ---→ むつかしい、
恥かしい ---→ はつかしい
久慈川  ---→ くちかー
 
これなんかはなるべく標準語を使おうとして、なんでも清音にすれば良いと勘違いしたのではないでしょうか。
動物には「め」
 
それから大子(茨城)弁では、動物には何でも「め」をつけて呼びます。この「め」はさげすむと言うものではなく、むしろ愛情を込めて使ってます。
いぬめ・ねこめ・へんめ(蛇)・きんぎょめ・ばっため・馬め・牛め・かんめ(蚊)・のんめ(蚤)・・・・・・等
 
つばめ・かめ・すずめには「め」を付けられないだろうって?何にでもどうにかして「め」をつけるんです。
つばめ ---→ つばくらめ
かめ ---→ かめのこめ
すずめ ---→ ちんちんめ

蚊はどうすんだって?
か ---→ かんめ(かんかんめと言う場合もある)
青砥勉氏「香魚俺(http://www2.ttcn.ne.jp/~kougyoan/)」より転載

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり課です。

本庁2階 〒319-3526 大子町大子866

電話番号:0295-72-1131 ファックス番号:0295-72-1167

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る