税金

固定資産税

1月1日現在、町内に固定資産(土地、家屋、償却資産)を持つ個人や法人に対し、年4期に分けて課税(年税額が4,000円未満の場合は一括)されます。
納税者は原則としてその所有者ですが、所有者が死亡している場合は、相続人の中から相続代表者を設定していただくことになります。

固定資産の評価

国が定めた評価基準に基づいて町が評価し、その価格を決定します。

【土地と家屋】

原則として3年ごとに評価替えを行い価格を決定しています。土地の地目変更や家屋の新築・増築等が生じた場合には、新たに評価を行って価格を決定します。

固定資産税の特例

家屋
住宅を新築すると、その住宅の種類に応じ、新築後一定期間の固定資産税が2分の1に減額されます。
対象となるのは、専用住宅や居住用部分が2分の1以上の併用住宅で、その居住用部分の床面積が50m2(共同住宅は35m2)以上280m2以下のものです。
ただし、減額されるのは120平方メートルまでの部分です。

【減額される期間】
・一般住宅 新築後3年度分
・認定長期優良住宅 新築後5年度分
土地
居住家屋の建つ土地については、評価額の6分の1(200m2)、評価額の3分の1(200m2を超える部分)となる住宅用地の特例があります。共同住宅の場合は、住居数×200m2で上記の計算となります。



固定資産税についての情報開示

【価格の公開】
都市計画区域内で、町中心部と国道118号線沿い(池田、北田気の一部)は路線価方式による路線価格を、その他の地域については、地域ごとの宅地の標準的な価格を一般の閲覧に供することになります。

【縦覧制度】
土地又は家屋の納税者が,縦覧帳簿により,土地又は家屋の価格等を無料で縦覧できる制度です。
縦覧期間は、毎年4月1日から第1期納期限の日までです。

【固定資産課税台帳の閲覧制度】
納税義務者の方やその他の方(借地、借家人など)の求めに応じて、関係する固定資産についての固定資産課税台帳の閲覧ができます。

【固定資産評価審査委員会への審査申出期間】
固定資産評価審査委員会への価格に対する審査申出期間は,納税通知書を受け取った日から3ヶ月以内です。

届出が必要な場合

■家屋を取り壊したら届出をしてください。
家屋に対する固定資産税は、毎年1月1日現在で、課税台帳に登録してあるものに課税されます。
新築や増築等又は道路拡張工事等の際に、家屋を取り壊した場合には、家屋滅失届を税務課に提出して下さい。
なお、家屋の新築や増築等のため職員が家屋調査(評価)に出向いたときに、取り壊しが確認されたものや建物滅失登記が済んでいるものは届出が不要です。
 家屋滅失届のダウンロードはこちら

■家屋を新築又は増築等をしたら届出をしてください。
家屋を新築又は増築等(床面積の大小にかかわらず)を行った場合は、工事終了後速やかに完了報告書を税務課に提出して下さい。後日家屋調査(評価)に伺います。
また、売買や相続等で未登記家屋の所有権移転をした場合には、契約書等を添付のうえ未登記家屋所有者変更届を税務課に提出して下さい。
 建築完了報告書のダウンロードはこちら
 未登記家屋変更届(贈与,売買等の場合)、未登記家屋変更届(相続の場合)については、下記「関連ファイルダウンロード」からダウンロードしてください。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課です。

本庁1階 〒319-3526 大子町大子866

電話番号:0295-72-1116 ファックス番号:0295-72-1448

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る