公聴・選挙

公聴・広報

人権擁護とは

憲法で保障されている基本的人権を擁護すること。

人権擁護委員とは

国民の基本的人権を擁護し見守るいわば民間人による人権の番人です。
町長が、候補者を、町議会の意見を聴き、法務大臣に推薦し、法務大臣は、県弁護士会や県人権擁護委員連合会の意見を聴いて委嘱します。本町に5名の委員がいます。

行政相談とは

町民の皆さまから行政に関する苦情や要望などを受付けて、町民と関係行政機関との間に立って、公平・中立な立場で一つ一つの問題の解決を図ろうとするものです。

行政相談委員とは

町長が推薦し、総務大臣が委嘱します。
行政分野に明るく地域住民のために活動してくれる民間人で、本町には1名います。

広報だいご

「広報だいご」は、町政の動きや町の話題などを掲載し、毎月1回発行し、全戸配布しています。
広報紙は、行政と住民を結ぶパイプ役ですから身近な行事などがありましたら情報を提供してください。

その他の広報

「おしらせ版」は、毎月1回発行し、全戸配布しています。催し物や行事、各課からのお知らせなどを掲載しています。
その他に毎定例町議会終了後に発行される「大子議会だより」や生涯学習関連の話題を中心とした「おしどり」、社会福祉協議会発行の広報「福祉だいご」などがあります。

公聴

町民の意見や要望の窓口になっているのが、総務課総務グループです。ご質問等については、役場内の関係各課と調整し、回答をしております。相談については、その内容に応じて、専門の窓口を紹介するなど業務を行います。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課です。

本庁2階 〒319-3526 大子町大子866

電話番号:0295-72-1114 ファックス番号:0295-72-1167

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【最終更新日】2010年1月7日
  • 印刷
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る