健康

健康・予防

 健康増進課では,明るく健康的なまちづくりを目指して,次のような事業を展開しながら健康づくりのお手伝いをしています。 

 

相談事業 

☆定期健康相談☆

 健診結果の見方や生活習慣のことなど,健康に関することをお気軽にご相談ください。乳幼児の身体計測や育児相談も行っています。

  • 日   時 : 毎週火曜日 午後1時30分から午後3時まで 
  • 担当窓口 : 健康増進課 (0295-72-6611)

  

集団健診・各種検診 

 各種がん検診の申し込みは,4月1日から受付けています。定員になり次第締め切りますので,お早めに申し込みください。

 ※集団健診・各種検診の日程表及び健診内容と個人負担金については,下記「関連ファイルダウンロード」よりご覧ください。

 

家庭訪問 

 乳幼児や各種検診後,訪問指導が必要な方などに家庭訪問をしています。訪問の希望がある方にも応じていますので,お気軽にご利用ください。 

 

健康教室

 生活習慣病等の予防を図るため,各種健康教室を開いています。お気軽にご参加ください。

 参加募集については,「お知らせ版」をご覧ください。

 


 

☆楽しいエクササイズ☆

 ストレッチ・エアロビクス・チューブを使った運動等健康づくりのための運動を学びます。保健師,管理栄養士による健康についての話もあります。

 ※楽しいエクササイズの日程については,下記「関連ファイルダウンロード」よりご覧ください。 

 


 

☆親と子の料理教室☆

 食事について学び親子で調理実習をします。 

 


 

☆ママのための食生活講座☆

 栄養バランスのとれた食事について学習し,行事食やおやつの作り方等を調理実習を通して学びます。

 


 

☆男性のための食生活講座☆

 食生活について学習し,調理実習することで食生活の改善をはかり,基本的な料理について学びます。


 

☆楽しいアクアビクス☆

 水中運動をとおし,生活習慣を見直すことでメタボリックシンドローム予防と健康づくりを推進します。

 


 

 ☆健康づくり教室☆

 肥満・高血圧・糖尿病などの生活習慣病予防につながる食事や運動について学びます。  

 


 

保健師・管理栄養士による健康教育 

 依頼のあった団体に対して,保健師・管理栄養士が健康の話をします。ご希望の際には,1か月前までに健康増進課(保健センター)までご連絡ください。

 

食生活改善推進員による料理講習会

 食生活改善推進員を中心として,食生活改善と健康増進のための料理講習会を行います。実施する場合には,食生活改善推進員から事前にお知らせがあります。

 

だいご健康アドバイザーによる健康教室

 だいご健康アドバイザーが生活習慣病や介護予防のための食事についてのアドバイスや健康体操,楽しいレクリエーションなどを行います。ご希望の際には,1か月前までに健康増進課(保健センター)までご連絡ください。

※だいご健康アドバイザーによる健康教室は定期的に行っています。日程については,下記「関連ファイルダウンロード」よりご覧ください。

 

予防接種

☆インフルエンザ☆

  • 受付期間 :10月1日から1月31日まで

※個人負担金の助成など詳細が決まり次第,「お知らせ版」に掲載します。 

 


 

 ☆高齢者肺炎球菌予防接種(定期接種の場合)☆

 高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種に係る費用を全部公費負担しています。

 対象の方には,健康増進課(保健センター)から通知を送ります。

 70歳以上で,過去に助成を受けたことがない方は,任意接種の対象となります。

 【29年度対象者】 

65歳となる方:昭和27年4月2日生~昭和28年4月1日生

70歳となる方:昭和22年4月2日生~昭和23年4月1日生

75歳となる方:昭和17年4月2日生~昭和18年4月1日生

80歳となる方:昭和12年4月2日生~昭和13年4月1日生

85歳となる方:昭和7年4月2日生~昭和8年4月1日生

90歳となる方:昭和2年4月2日生~昭和3年4月1日生

95歳となる方:大正11年4月2日生~大正12年4月1日生

100歳となる方:大正6年4月2日生~大正7年4月1日生

その他:60歳以上65歳未満の者であって,心臓・腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者。(年齢基準日は,接種当日となります。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 接種期間 : 平成29年4月1日から平成30年3月31日まで
  • 接種場所 : 町内及び茨城県内の委託医療機関
  • 接種費用 : 全額公費負担(生涯1回のみ)
  • そ の 他   :  医療機関に予約の上,予診票を持参して,個別に接種を受けてください。

 

☆高齢者肺炎球菌予防接種(任意接種の場合)☆

 高齢者肺炎球菌ワクチンの任意予防接種に係る費用を全額公費負担しています。予防接種を希望する方は,接種前に健康増進課(保健センター)で接種券及び予診票の交付を受けてください。

  • 助成対象者 : 70歳以上の者
  • 接種期間  : 平成29年4月1日から平成30年3月31日まで
  • 接種医療機関: 町内の医療機関

 ※町外の医療機関で接種した場合も助成の対象になりますが,自費で接種後,町の健康増進課で払い戻しの手続きをすることになります。

  • 助成回数 : 1人につき1回
  • 助成額    : 全額公費負担
  • 受付期間   : 通 年

 


 

☆子どもの予防接種☆ 

 お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は,生後12カ月にはほとんどが自然に失われていきます。そのため,赤ちゃん自身で免疫を作って病気を予防する必要がでてきます。これを助けるのが予防接種です。予防接種とは,感染症の原因となるウイルスや細菌,菌が作り出す毒素の力を弱めてワクチンを作り,それを身体に接種することで,その病気に対する免疫を作ることです。

 赤ちゃんの予防接種は種類も回数も多いので,かかりつけ医をきめ,生後2カ月になったら接種がスタートできるように準備しておきましょう。

  子どもは発育とともに外出の機会が多くなり,感染症にかかる可能性も高くなります。予防接種に対する正しい理解のもとで、お子さまの健康にお役立てください。

 予防接種の種類と接種年齢,協力医療機関については,下記「関連ファイルダウンロード」よりご覧ください。

また,大子町に転入された方は母子健康手帳を持参の上,健康増進課(保健センター内)までお越しください。

 


 

 ☆日本脳炎の予防接種の機会を逃した方☆

 平成7年4月2日生~平成19年4月1日生の方で接種機会を逃した方について,20歳になるまでの間,不足回数分を公費で接種することができます。

 日本脳炎の予防接種は,接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに,平成17年度から平21年度まで,日本脳炎の積極的な勧奨を行っておりませんでした。その後,新たなワクチンが開発されたため,現在は日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています。

 日本脳炎の措置接種についてはこちらをご覧ください。

    

検査受付

 ☆水質検査☆  

  • 日にち:毎月第2水曜日(祝日を除く)
  • 時間:午前10時から午前11時まで 

   ※事前に専用の容器を健康増進課(保健センター)まで取りに来てください。 

 

献血  

 近年,献血者の減少傾向により血液の慢性的な不足状態が続いています。現在,献血は若い世代によって支えられ,提供された血液のほとんどが高齢者に使われています。このまま少子高齢化が進めば,救医療に深刻な問題となることが予測されます。
 大子町は,血液センターと連携して献血事業を行っています。

 ※献血の日程表については,下記「関連ファイルダウンロード」よりご覧ください。 

 

不妊治療費の助成   

 平成29年度不妊治療費助成については,下記「関連ファイルダウンロード」よりご覧ください。

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

保健センター内 〒319-3526 大子町大子1846

電話番号:0295-72-6611 ファックス番号:0295-72-6613

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る