農業・林業

林業

 森林機能緊急回復整備事業

森林には様々な働き(公益的機能)がありますが,適切に手入れをしないとその機能が発揮されません。また、間伐材を積極的に搬出し利用することにより、地球温暖化を防止する役割が期待されています。
茨城県では平成20年より森林湖沼環境税を導入し、事業の一環のとして緊急に手入れが必要な人工林(スギ・ヒノキ林)の間伐(間伐30%以上)や、間伐材の搬出などを効率的に行うための作業道の開設などにも支援を行っています。
間伐及び作業道開設に、山林所有者の費用負担はありません。ただし、間伐材を搬出する場合、搬出経費は山林所有者が販売収入の中から支払うことになります。
間伐を行う際は、森林組合や認定事業体等に委託します。
詳しいことは、農林課農林担当にお問い合わせ下さい。  

 県営林道

八溝山から常陸太田市、常陸大宮市にかけて大子町を縦断する「奥久慈グリーンライン林道」の開設を促進し、生産基盤の整備を図ります。
詳しくは農林課農林担当までお問い合わせください。

 鳥獣保護と捕獲

鳥獣保護及び狩猟に関する法律等で、特定の鳥獣を捕獲・飼養するときには許可が必要です。
詳しくは農林課農林担当までお問い合わせください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農林課 農林担当です。

第2分室 〒319-3526 大子町大子866

電話番号:0295-72-1128 ファックス番号:0295-72-1968

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る