1. ホーム
  2. くらし・行政
  3. お知らせ
  4. 冬季に多発する高齢者の入浴中の事故にご注意ください!

お知らせ

冬季に多発する高齢者の入浴中の事故にご注意ください!

 高齢者の事故のうち,「不慮の溺死及び溺水」による死亡者は,年々増加傾向にあります。これらの多くは入浴中の事故であり,11月~3月の冬季に多く発生しています。これから寒くなる季節は,特に注意が必要です。

 入浴中の事故は,持病がない場合,前兆がない場合でも起こるおそれがあります。「自分は元気だから大丈夫」と過信せず,「自分にも,もしかしたら起きるかもしれない」と意識することが大切です。また,本人だけでなく家族や周囲の方が一緒に注意することが大切です。

 事故を減らすために,以下に本人,周囲の方の事故防止のための注意ポイントをまとめています。この機会にもう一度入浴習慣を見直してみましょう。

入浴中の事故を防ぐための注意ポイント

(1)入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。

(2)湯温は41度以下,湯につかる時間は10分までを目安にしましょう。

(3)浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。

(4)食後すぐの入浴,アルコールが抜けていない状態での入浴は控えましょう。

(5)精神安定剤,睡眠薬などの服用後の入浴は危険ですので注意しましょう。

(6)入浴する前に同居者に一声掛けて,見回ってもらいましょう。

 

<参考>

〇消費者庁ホームページ「みんなで知ろう,防ごう,高齢者の事故」(新しいウインドウで開きます)

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光商工課 大子町消費生活センターです。

本庁2階 〒319-3526 大子町大子866

電話番号:0295-72-1138 ファックス番号:0295-72-1167

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る