住宅の支援に関すること

住宅の応急修理制度について

1.制度の概要

 「令和元年台風19号」により,り災した住宅を被災者に代わり,大子町が応急修理する制度です。

2.対象世帯

 以下の全ての要件を満たす世帯が対象となります。

 (1)大規模半壊,半壊,一部損壊(準半壊)の被害を受けたこと(り災証明書が必要となります)

 (2)応急修理を行うことによって避難所等への避難を要しなくなると見込まれること。

 (3)公的住宅の無償提供や応急仮設住宅の提供を受けないこと。

 注1)全壊の場合でも応急修理を行うことで居住が可能となる場合は対象となります。

3.住宅の応急修理の範囲

 住宅の応急修理は,屋根等の基本部分,ドア等の開口部,上下水道等の配管・配線,トイレ等の衛生設備等の日常生活に必要欠くことのできない部分であって,緊急に応急修理を行うことが適当な箇所について実施します。

 応急修理の該当部分は,提出していただいた修理見積書をもとに大子町が判断します。

 注1)台風19号の水害被害と直接関係のある,住居部分の修理のみが対象です。

 注2)床・壁等の内装に関する項目は,下地改修と併せて実施する必要があります。

 注3)収納に関する項目はすべて対象外です。

 注4)建具に関する項目は,玄関・外部サッシ・トイレ・浴室・主寝室のみ対象で,それ以外は全て対象になりません。

 注5)家具・家電製品は対象外です。

4.限度額

 一世帯あたりの限度額は59万5千円です。(全壊,大規模半壊,半壊)

 なお,一部損壊の場合,一世帯あたりの限度額は30万円です。

 同一世帯(1戸)に2以上の世帯が居住している場合でも,上記の一世帯あたりの限度額となります。

5.工事完了期限

 工事完了期限はありますが,必要に応じて延長します。

6.その他

 (1)工事前,工事中,工事後の写真撮影をお願いします。

 (2)修理業者に直接費用を支払ってしまった場合は,対象となりませんのでご注意ください。

 (3)限度額を超えた分の工事額は,条件に応じて住宅リフォーム助成金を併用することが出来ます。

7.手続きの流れ

 始めに「応急修理申込書」及び「住宅の被害状況に関する申出書」を建設課へ提出してください。

 ※詳細については,添付ファイル「住宅の応急修理制度」のお知らせをご確認ください。

8.申請書類の提出先

 申請書類は,建設課(第1分室2階)窓口へ提出してください。

なお,11月2日(土)から4日(月)までの間(ただし午後1時から午後5時)は,第二分室(旧農林課)の住宅相談窓口でも受け付けています。

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは建設課です。

第1分室2階 〒319-3526 大子町大子866

電話番号:0295-72-2611 ファックス番号:0295-72-3881

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る