1. ホーム>
  2. 災害情報>
  3. 災害情報>
  4. 台風第19号の影響等に関する情報>
  5. ごみ・泥・がれき等の受け入れに関すること>
  6. 家屋等の公費解体及び自費解体された方への償還払いについて

ごみ・泥・がれき等の受け入れに関すること

家屋等の公費解体及び自費解体された方への償還払いについて

損壊家屋等の公費解体及び自費解体された方への償還払いについて

 大子町では,台風第19号により損壊した家屋等(半壊以上)について,生活環境の保全及び被災者の生活再建支援を目的とした公費解体(全部解体)を実施します。また,既に個人で損壊した家屋等の全部を解体・撤去された方には解体費用の償還払いを行います。

〇対象となる家屋等

(1)個人が所有する家屋であり,「全壊」「大規模半壊」「半壊」のり災証明書が発行されたもの

(2)専用住宅又は併用住宅(居宅面積が50%以上)

  ※ 貸家,アパートは除く

  ※ 対象となる方には個別に意向調査表を送付しております。

 

〇既に解体してしまった家屋等

 対象となる家屋等を既に自費で解体してしまった場合には,解体費用の償還払いを行います。ただし,町が定めた基準で算定した額が償還額の上限となるため,費用の全額が償還とならない場合がございますので御了承ください。なお,令和2年2月1日以降に自費で解体を実施した家屋等は償還払いの対象となりませんので御注意ください。

  ※ 一部解体やリフォームは償還払いの対象になりません。

 

〇申請受付について

 申請を希望される方は,事前に生活環境課へ御連絡ください。後日,生活環境課から申請受付日の日時を指定した受付票を送付します。

 

〇必要書類について

 必要書類一覧のとおり

※1月下旬に公費解体希望者へ発送した申請書類一覧から追加修正された項目があります。追加修正された項目は下記のとおりです。

【修正項目】 登記事項証明書の「未登記で課税されていない場合」に必要な申請書類を「土地の登記事項証明書」から「評価証明書」へ修正しました。評価証明書は税務課にて発行できます。

【追加項目】 「場合により必要な書類」の項目に「家屋所有者と土地所有者が違う場合」の必要書類を追加しました。家屋所有者と土地所有者が違う場合は,土地所有者の同意書印鑑登録証明書が必要になります。

 

〇公費解体を利用する方にお願いしたいこと

 解体する家屋の家財は全て撤去してください。撤去されていないと解体の着手ができない,もしくは撤去費用を請求する場合があります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活環境課です。

〒319-3551 茨城県久慈郡大子町大字池田2669番地

電話番号:0295-76-8802 ファックス番号:0295-72-1968

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る