くらし・行政

大子町新庁舎建設基本設計(案)に対するパブリック・コメントを募集します

町では,新庁舎の建設に向けて設計作業を進めています。この度,大子町新庁舎基本設計(案)を取りまとめましたので,次のとおり同案に対する意見を募集します。

意見募集は終了しました。

結果を本ページ下部に掲載しております。

1 資料の閲覧及び募集期間

平成31年4月23日(火) ~ 平成31年5月20日(月) 【必着・当日消印有効】

2 閲覧場所

・総務課 庁舎建設準備室 (大子町役場 2階)

・大子町立中央公民館

・各地区コミュニティセンター

3 閲覧時間

午前8時30分 ~ 午後5時15分

ただし,役場は土日,祝日を除く。コミュニティセンターは休館日を除く。

4 応募資格

次のいずれかに該当する方。

・町内に在住,在勤または在学する方

・町内に事業所または事務所を有する個人及び法人その他の団体

・本事案に利害関係を有する方 

5 応募方法

所定の記入用紙に氏名法人その他の団体などの場合は,名称・代表者氏名・住所・連絡先・意見を記入し,郵送,FAX,電子メール及び直接持参のいずれかにより提出してください。

記入用紙は,各閲覧場所にあります。また,本ページ下部「関連書類ダウンロード」からダウンロードできます。

※電話など口頭による意見の受付は行いませんので,予めご了承ください。 

  意見の取り扱い

皆さまからいただいた意見を集約し,町の考え方をまとめた上で後日ホームページにて公表します。なお,意見に対する個別の回答は行いません。

 ◎新庁舎建設基本設計(案)に対する意見の概要と町の考え方◎

  ※「意見の概要」については原文を要約して載せています。
  ※本ページ下部よりPDFデータをダウンロードできます。

No. 意見の概要 町の考え方
1 ◎障がい者等用駐車場の位置と設備について
東側エントランス近くの障がい者用駐車場を、
西側エントランスの庇の下に設けていただきたい。
「まいん」同様、路面からの段差なしで入りたい。
また、福祉課で交付される「身障者等用駐車場 利用証」
の掲示を求める注意書きを設置し、
マナー違反駐車を減らす手段としてほしい。
基本計画における駐車場配置は一案であり,今後の実施設計
にてその詳細を決定してまいります。ご指摘いただいた
西側入口への障がい者等用駐車場は数台配置予定ですので,
段差無く庁舎内へお入りいただけます。
また,西側庇の下への駐車場配置は予定しておりませんが,
車両進入路の上まで庇が覆う設計となっており,
雨天時にはその下での乗降が可能と考えております。
「身障者等用駐車場 利用証」の掲示を求める
注意書きについては,今後の実施設計にて
詳細検討してまいります。
2 ◎駐車場からスロープ・階段・入口までの
 屋外舗装材について

駐車場から入口までは雨天でも滑りにくい
同一舗装材・同一色で、切れ目がなく
できるだけ平らなバリアフリー施工をお願いしたい。
奇をてらったデザイン等は杖が引っかかったり
車いすの車輪がとられる可能性もある。
段差ギャップやスロープ角度は
「自走用車いすに乗ったものが自力で上り下りできる高さ」
を基本としていただきたい。
新庁舎の基本的な整備方針の一つに「すべての人にやさしく、
利用しやすい庁舎」を掲げております。
今後の実施設計において,いただいたご意見のような
バリアフリー機能(舗装材・段差ギャップ・
スロープ角度・手すり構造・床材等)を念頭に置き,
デザインとのバランスを配慮しながら検討してまいります。
3 ◎新庁舎内外の手すりの構造及び高さについて
公共施設で手すりは必要不可欠。障がい等による
左右上腕の筋力差異に対応するため、階段やスロープには
左右両側に手すりの設置を希望する。
 また、様々な体格に対応するため、
上下2段構造としてほしい。庁舎内部の壁面には
歩行の妨げとなる備品や物は置かず、
できる限り手すりを設置し、安全に移動させてほしい。
4 ◎新庁舎内の床材について
入口から全面段差無しのバリアフリー床で
施工していただきたい。
また、木材はいかような仕上げや加工をしても
木目や継ぎ目に視覚が惑わされてしまうので、
床の表面材には使用しないでほしい。
また、色や硬さについても無地同色・同一硬さで
統一してほしい。カーペットは車いすの場合
摩擦が大きく体力を使うので、採用に
際しては事前調査・試走を十分に願いたい。
5 ◎新庁舎内のエレベーターについて
エレベーターは障がい者用等駐車場が
ある側に設置すべき。障がい者用等駐車場を西側に
移せば計画通りでもよい。東西に2機設置は
難しいだろうから、必要な利用者の立場になって
設計してほしい。エレベーターの広さは
乗降利便性と同乗者への迷惑を少なくするため、
車いすと介助者が縦に並んで入れる奥行きがほしい。
確認だが、エレベーターは最上階まで行きますよね?
西側入口へも障害者等用駐車場は数台配置予定ですので,
段差なく庁舎内へお入りいただき,エレベーターへも
速やかに到達可能かと考えます。エレベーター内部の
広さについては庁舎スペースとの兼ね合いも
ございますが,救急搬送時のストレッチャー対応等
も考慮し,今後も継続検討してまいります。
また,エレベーターは屋上階まで到達するように
設計しております。
6 ◎新庁舎への多目的トイレの設置について
「すべての人にやさしく、利用しやすい庁舎」を
謳うのであれば、多目的トイレの設置はマストであり、
各階に必要である。利用者にとって大切なのは
便座と手すりの位置関係であるから、利き腕や筋力差に
対応できるように、1階と2階ではこれが逆になるように、
かつ、この関係をトイレドアに掲示するとよい。
多目的トイレは1階と2階両方に設置いたします。
広さは多目的トイレとして十分なサイズを
想定しておりますが,内部の詳細な設備や
配置についてはいただいたご意見を参考にし,
今後の実施設計にて詳細検討してまいります。
7 ◎杖使用者・車いす利用者にとって
 ありがたい設備いろいろ
・ドアについて、ヒンジ式片開きドアは
 車いすから操作できないので、 
 自動ドアか吊り下げ式引き戸にしてほしい。
・各課窓口のカウンターは、車いすに座ったまま
 対応できるよう、一段低くした高さとし、
 この足元は奥行きを設けて前足部分が
 ぶつからないようにしてほしい。
・東西のエントランスには、
 貸し出し用の車いすを常備し、
 自由に使用できるシステムにしてもらいたい。
・どなたにも快適にご利用いただける庁舎とするため,
東西の入口は自動ドアを想定しております。
・各課窓口は座って対応可能な,いわゆる
「ローカウンター」の採用を予定しております。
また,車いすの方向けに足元奥行きを広く取った個所も
設ける予定です。
・現庁舎でも貸出用車いすは正面玄関に常備しておりますが,
新庁舎においても東西エントランスに常備いたします。
また,貸出しに特別な手続きは不要で,ご自由にご利用して
いただけます。
8 ◎防災避難所としての設備・機能の充実を
現庁舎の避難所としての機能は
当然引き継がれるものと考え、新庁舎には
障がい者の避難に対応できる設備・機能を備えてほしい。
過去の震災などで古い設計の設備・機能不足な避難所では、
災害関連死に至るリスクが高いことが報道されている。
このような不安を持たなくてもいい避難所として、
「高齢者や障がい者にとって 安心安全の町づくり」の
具現化に期待したい。
新庁舎は地震や浸水時の自然災害の発生時において,
行政機能を維持し,防災拠点となりえる耐震性の
高い構造としております。
 また,非常用電源の設置により,停電時でも
通信設備,空調,照明等の利用が72時間程度
確保できる計画としています。これらに加え,
前述のバリアフリー構造を組み合わせることで,
「高齢者や障がい者にとって 安心安全の町づくり」
のための防災拠点を目指します。
 なお,「大子町地域防災計画」において,
庁舎は一時的な「避難場所」として指定しており,
災害の危険がなくなるまで必要な期間滞在する
「避難所」については,まいんや中央公民館など
町内18か所を指定しております。

 

 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 庁舎建設準備室です。

本庁2階 〒319-3526 大子町大子866

電話番号:0295-76-8011 ファックス番号:0295-72-1167

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?