くらし・行政

町長あいさつ

大子町長 高梨哲彦 平成31年

 新型コロナウィルスは、昨年から世界規模で感染が拡大し、我々人類は大きな変化を余儀なくされました。現在大子町では、「新型コロナウイルスのワクチン接種が円滑に進行しています。町内6か所の医療機関の皆様のご協力を得、希望者全員に対し今秋までに接種を終了させることを目標としています。同時に、令和3年度事業を着実に実施し、アフターコロナの未来を見据えた町の活性化に取り組みます

 新庁舎建設工事は、令和4年春の竣工に向けて順調に進んでいます。令和元年東日本台風災害を受け当初の予定より着工が大きく遅れましたが、結果的には国と茨城県から多額の補助を受けられることとなり近隣市町村にはない大規模木造建築庁舎となります。すでに県内外から大きな注目を集めており、しっかりと取り組んでいきたいと思っています。

 町の顔である道の駅奥久慈だいご23年ぶりに内部リニューアル、観光客の皆様から大変好評を得ていますさらに喜ばしいことに、国が認定している全国1193の道の駅から、湯布院、伊勢志摩といった日本有数の観光地にある38施設と共に、日本初の「防災道の駅」として選定されました。

 今後最大で5年間、国の支援を受けながら防災道の駅としての機能強化に努めていくことになります。新庁舎と共に大子町をPRする施設になでしょう

 町の未来を担う児童生徒には、昨年既に一人一台ずつタブレットを配布しましたが、今年度は家庭へのWi-Fiルーターの貸与、学習ソフトの導入を行います。家庭学習も充実させ、デジタル時代に対応できる能力を磨いて、世界で活躍できる人材となってくれることを期待しています。

 今年度スタートした「地域活性化起業人制度」においては、従来の官民連携事業をバージョンアップし、民間企業の社員が役場に常駐して直接事業に携わることで自治体運営民間企業のノウハウを融合させる取り組みです。古民家の活用と地域活性化と、高齢者に対する従来の健康事業の検証と将来の介護保険の圧縮にそれぞれ1名ずつ投入し進めていきます。

 自治体は、民間のスペシャリストを活用することで、迅速かつ的確に課題が解決できるようになります。一方民間企業にとって、社会貢献、人材育成、キャリアアップといったメリットが見込めます。官民相互が刺激しあい、最終的に町の活性化につながることを狙っています

 また、経済産業省関東支局と連携して行っている官民連携事業「自治体×ヘルスケアベンチャー マッチング事業」では、AIやIoTを活用し、高齢者生活支援や見守りシステム、看護サービスに取り組んでいます。医療機関と協力し、将来の医師の負担軽減や経費の圧縮を目指しています。

 昨年秋にはじまったAI乗り合いタクシー実証実験は、まもなく一年間の実験期間が終了します。JR水郡線、町内路線バスに並ぶ第三の公共交通機関になるかどうか、しっかりと結果を検証したいと思いますまた、新型コロナウイルスにより実績が落ち込んだ農業、観光業、飲食業については引き続きしっかりと支援して支えていきたいと思います。

 町を縦断する久慈川では現在、「久慈川緊急治水プロジェクト」による河川改修が進んでいます。一昨年の台風により大きな被害を受けた久慈川と那珂川には令和6年度末までに数百億円が投入されます。この秋の台風シーズンを乗り切り、災害に強い町となるよう努めていきます。また、一部不通となっていたJR水郡線も、本年3月27日、鉄橋の新設により全線開通しました。ご協力いただいた皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

 令和2年度に行った大子まちなかビジョン」では、有識者の知見をお借りして、「防災力のあるまちづくり」「賑わいのあるまちづくり」「周辺と連携したまちづくり」の3つのテーマに基づく中心市街地の理想的プランを作成しました。これらに基づき、安全で暮らしやすい環境を整えていきたいと思います。

 なおこの7月から地域経済応援事業として全町民向けに「しあわせ+(プラス)商品券を配布いたしました。参画している300以上の販売店において、事業者は110%で換金できる相互支援を考えた施策です。今年度末まで期限ですので、ぜひご利用ください。

 去る7月4日、東京2020オリンピックの聖火リレーが袋田の地で行われました。新型コロナウイルスの影響により催しの規模は縮小されましたが、それでも大子町の歴史に刻まれた記念すべき1ページとなりました。関係者の方々のご尽力に感謝申し上げます。

 ギリシャのオリンピア遺跡で採火された聖火を開会式へ運ぶリレーは、人々の夢と希望を未来へと繋ぐものです予測のつかない時代ではありますが、未来に向けてバトンタッチできますよう、私も職員と力を合わせ、しっかりと大子町を支えていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

                                           大子町長高梨哲彦

スマートフォン用ページで見る