1. ホーム>
  2. くらし・行政>
  3. くらし・手続き・環境>
  4. 生活・環境>
  5. 消費生活センター>
  6. 電力・ガス自由化をめぐるトラブルに注意しましょう

くらし・行政

電力・ガス自由化をめぐるトラブルに注意しましょう

 平成28年に電力の小売全面自由化が,平成29年にはガスの小売全面自由化が行われ,その後,電気は4年半,ガスは3年半が経過しました。

 国民生活センター等には,消費者の皆様から電力・ガスの小売に関する相談が引き続き寄せられています。以下の点に注意し,電力・ガスの契約内容についてよく確認しましょう。

 

消費者へのアドバイス

●各電力・ガス会社にコロナウイルスの状況下で,料金の未払いによる供給停止の猶予や支払いの猶予について等,柔軟な対応を要請しています。

●電気・ガスの料金のプランや算定方法をよく説明してもらい,確認しましょう。

●勧誘してきた会社と新たに契約する会社の社名や連絡先を確認しましょう。

●検針票の記載情報は慎重に取り扱いましょう。

●契約を変更してしまってもクーリング・オフ等ができる場合があります。

●契約している電力会社が事業撤退する場合等でもすぐには電気は止まりませんが,お早めに電力会社の切り替え手続きを行ってください。

●困った場合にはすぐに相談しましょう。

 電話勧誘・訪問販売での契約トラブルのほか,電気・ガスの小売供給契約を結ぶに当たり,制度や仕組みで不明な点や不審なことがあれば,経済産業省電力・ガス取引監視等委員会の相談窓口(03-3501-5725)または大子町消費生活センター等に相談してください。

 

詳しくは,国民生活センターホームページをご覧ください。

 

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光商工課 大子町消費生活センター(受付時間 9:00~正午,13:00~16:00)です。

本庁2階 〒319-3526 大子町大子866

電話番号:0295-72-1124 ファックス番号:0295-72-1167

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る