くらし・行政

《新型コロナ》ご家庭内でご注意いただきたいこと

感染した方(患者)が自宅などで療養する場合(感染が疑われる方を含む)や、同居ご家族のお世話をする場合は、以下の点にご注意ください。

他の同居者の部屋を可能な限り分ける

・感染者が療養する部屋と他の家族がいる部屋をできるだけ分け、換気の良い個室としましょう。

※子どもがいる方、部屋数が少ない場合など、部屋をわけられない場合には、少なくとも2m以上の距離を保ったり、仕切りやカーテンなどを設置することをおすすめします。寝るときは頭の位置を互い違いになるようにしましょう。

トイレ、バスルームなどの共用スペースの利用は最小限にし、ご本人は極力部屋から出ないようにしましょう。

 

お世話をする人は、できるだけ限られた方にする

心臓、肺、腎臓に持病のある方、糖尿病の方、免疫の低下した方、妊婦の方などが感染者のお世話をするのは避けてください。

 

できるだけ全員がマスクを使用する

・使用したマスクは他の部屋に持ちださないでください。

マスクの表面には触れないようにしましょう。

・マスクを外したあとは必ず石鹸で手を洗いましょう。

※マスクがないときに咳やくしゃみをするときは、ティッシュやマスク等で口と鼻を覆うなど、咳エチケットを守りましょう。

 

こまめにうがい・手洗いをする

・ウイルスのついた手で目や鼻、口などを触ると粘膜・結膜を通して感染することがあります。家族はこまめに石鹸を用いた手洗いをしましょう。

 

日中はできるだけ換気をする

エアコンなどの空調や換気扇をまわしたり、日中の温かい時間に窓を開けるのも効果的です。

 

取っ手、ドアノブなどの共用する部分を消毒する

・共用部分(ドアの取っ手、蛇口など)は薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭きましょう。なお、金属の部分は10分程度経ったら水拭きしましょう。

家庭用塩素系漂白剤は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムであることを確認し、使用量の目安に従って薄めて使ってください。

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省HP)

・タオル等は共用しないようにしてください。

 

汚れたリネン、衣服を洗濯する

・体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し、完全に乾かしてください。

 

ゴミは密閉して捨てる

・鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に出すときには密閉して捨ててください。その後は直ちに石鹸で手を洗いましょう。

 

その他

・感染が疑われる方は、かかりつけ医等に電話で相談し、早めに受診してください。受診以外の外出は控えてください。

・ご家族、同居されている方も、熱を測るなど健康観察をし、不要不急の外出を避け、特に咳や発熱の症状があるときには、職場などに行かないでください。

 

参考:新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(厚生労働省HPより)

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

保健センター内 〒319-3526 大子町大子1846

電話番号:0295-72-6611 ファックス番号:0295-72-6613

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る