くらし・行政

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法に御注意ください

 新型コロナウイルスの感染拡大に関連した相談が,全国の消費生活センター等に寄せられています。

 相談事例として,観光地に出向いてカニなどの魚介類を購入する人が減少している状況に便乗して,消費者の自宅に電話をかけて「魚介類の産地を観光で訪れる人が減り,経営を苦しい。助けてほしい。」などと消費者の関心を引き,強引な勧誘や嘘を言って魚介類を購入させられたなどの相談があります。

 魚介類の送り付け商法については,以前から相談が多く寄せられていますが,新型コロナウイルスの影響により在宅する人が増えているとみられるため,このような電話勧誘には注意しましょう。

 

消費者へのアドバイス

●おかしいと感じたら,「すぐに」「きっぱりと」断りましょう。

●業者からの電話で契約した時には,クーリング・オフができます。

●一方的に商品が届いても受け取らない,受け取ってしまったら14日間は保管しましょう。

●不審に思った場合や,トラブルに遭った場合は,大子町消費生活センター等に相談しましょう。

 

詳しくは,国民生活センターホームページをご覧ください。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光商工課 大子町消費生活センター(受付時間 9:00~正午,13:00~16:00)です。

本庁2階 〒319-3526 大子町大子866

電話番号:0295-72-1124 ファックス番号:0295-72-1167

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?