くらし・行政

子どもの予防接種

お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、生後12ヶ月にはほとんどが自然に失われていきます。そのため、赤ちゃん自身で免疫を作って病気を予防する必要がでてきます。これを助けるのが予防接種です。予防接種とは、感染症に原因となるウイルスや細菌、菌が作り出す毒素の力を弱めてワクチンを作り、それを身体に接種することで、その病気に対する免疫を作ることです。

赤ちゃんの予防接種は種類も回数も多いので、かかりつけ医をきめ、生後2ヶ月になったら接種がスタートできるように準備しておきましょう。

子どもは発育とともに外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。予防接種に対する正しい理解のもとで、お子さまの健康にお役立てください。

 

※大子町に転入された方は母子健康手帳を持参の上、健康増進課(保健センター内)までお越しください。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康増進課です。

保健センター内 〒319-3526 大子町大子1846

電話番号:0295-72-6611 ファックス番号:0295-72-6613

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?