いざというときに

救急

e-ラーニングを活用した応急手当講習について

 消防本部が実施する応急手当講習は,現在,普通救命講習Ⅰ(3時間)・Ⅱ(4時間)・Ⅲ(主に小児・乳児・新生児を対象/3時間)及び上級救命講習(8時間)がありますが,さらに受講を容易にするため,インターネットを使用しての事前学習が可能なe-ラーニング受講環境が整い,当町でも町民の皆様が受講できるように整備しました。

 e-ラーニングとは,インターネットを利用した学習形態のことで,対応可能な端末は,パソコン,タブレットパソコン,スマートフォン等で,それぞれの端末からアクセスいただき,各種講習の座学部分(約60分)を行うものです。

 応急手当WEB講習 e-ラーニング

 

 

普通救命講習等を受講される皆様へ 

・普通救命講習等の受講を希望される方は,事前に応急手当講習実施申請書及び応急手当講習受講者名簿の提出が必要になります。その際,「e-ラーニング」による事前学習の有無を確認いたします。

・e-ラーニングで事前学習を終了した方には,受講証明書が発行されます。講習当日に受講証明書もしくは,印刷できない場合は,携帯電話(スマートフォン)の画像などe-ラーニングの受講が確認できるものを呈示してください。

・事前学習を終了した方は,実技中心の講習となり講習時間は短縮されます。

 

救急車の要請は 

 まずは,落ち着いて。

  1. 119番に電話する。(携帯電話でも同じ)
  2. 『救急です』と告げます。
  3. 来てほしい場所(住所,目標物など)
  4. 病気か? ケガか?
  5. 傷病者の現在の状態
  6. 傷病者の名前・年齢・性別・既往症等
  7. かかりつけがあれば,かかりつけの病院
  8. 通報している方の名前と,かけている電話番号

 あわてずに答えてください。

 

※大子町では,救急車が到着するまでに平均8分かかります。そこで,現場に居合わせた人による応急手当が重要になります。救急車が到着するまでの間,消防署指令員が電話で応急手当の方法を指導しますのでご協力をお願いします。

救急車は,緊急性のあるときに利用するものです。

また,救急車は皆さんの医療資源であり適正に利用していただくことが大切です。

  

医療施設一覧

  ⇒町内医療機関一覧

 

休日夜間の急患は下記サイトから最新情報をご覧いただけます。

茨城県救急医療情報システム   http://www.qq.pref.ibaraki.jp/

お子さんが急な病気で心配なとき、ご相談ください。

茨城こども救急電話相談  http://www.qq.pref.ibaraki.jp/manual/kodomo.pdf 

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは消防本部です。

消防本部内 〒319-3551 大子町池田2626

電話番号:0295-72-0119 ファックス番号:0295-72-5443

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る