大子漆(だいごうるし)

大子漆(だいごうるし)

漆(うるし)全国第2位の漆産出県 日本一の漆の話し

みなさんの中には、ご存知ない方もいるかも知れませんが、大子町は良質の漆(うるし)が採れる産地です。
茨城県は、岩手県に次いで全国第2位の漆産出県です。そして、大子町は茨城県のほとんどの漆を産出しています。しかも、良質の大子漆は、輪島塗や春慶塗など高級漆器に仕上げ用として使われている他、漆芸家で人間国宝(重要無形文化財)に認定されている大西勲さんなどにも使用されています。
そこで、隠れた大子町の特産品である漆と優れた素材の漆器などについて、いろいろと紹介をします。

漆の木

漆の木漆の木は中国が原産と言われ、10数年で高さ10メートル、直径15センチほどになり。6月頃に黄緑の花が咲き、秋には真赤に紅葉をします。
成木になり、漆を掻き始めるには10年ほどかかります。大子町には、約1万本漆の木があります。




漆かぶれ

漆かぶれ漆かぶれ(大子では漆まけ)は、樹液などに触れてかぶれますが、肌の弱い人は葉に触れただけでもかぶれます。かぶれると、始めに炎症をおこしかゆくなり、しばらくすると水泡ができます。体質によっても、かぶれ方に差があります。漆を掻いている人でも、年に数回はかぶれるそうです。沢蟹をつぶして汁を塗ると良いと昔から言い伝えられていますが、病院へ行くことをおすすめします。



漆掻き

漆掻きは、6月頃から10月頃まで行います(昔にくらべ、掻く期間は短くなっています)。8月頃に取れる盛物(さかりもの)が良質と言われています。

【工程】

  1. 皮剥ぎ鎌で、漆の樹皮を薄く剥ぎます(剥ぎすぎてはいけません)。
  2. 生皮に漆カンナ(掻き鎌)で溝を切り込む(切り込みすぎると木を傷めます)。
  3. にじみ出てくる生漆を取りヘラですくい取る(始めに半透明の液が出て、そして乳白色の液が出てきます。取るタイミングが大切です)。
  4. すくい取った生漆をチャンポ(漆壺)に入れます(一本の木からは、1年間で約200グラム取れます)。

原産地

現在、日本で使われる漆のうち、国内で採取されるものは僅かで、中国産が90%以上を占めています(価格は国内産の約10分の1)。
国内では、岩手県に次いで茨城県が全国第2位の産出県ですが、大子漆は隣接している栃木県那珂川町でも採取されています。
今、大子町には5人の漆掻きの方がいますが、皆さん高齢の方で、後継者など多くの問題もかかえています。

数字で見る大子漆

【漆の産出県 (平成10年度)】

都道府県
生産量
岩手県
1,360kg
茨城県
720kg
新潟県
103kg
栃木県(大子漆)
86kg
福島県
38kg

【生漆の組成例(%)】

生漆の種類
水分
主成分
含窒素
ゴム質
大子漆
20.1
72.3(ウルシオール)
1.5
6.1
日本産(他産地)
25.1
67.3(ウルシオール)
2.1
5.5
中国産
27.5
65.0(ウルシオール)
2.2
5.3
ベトナム産
32.5
52.5(ラッコール)
2.0
13.0
ミャンマー産
26.8
69.5(チチオール)
2.5
1.7

上記数値は、調査年月日が同一ではありません。

うるわしきジャパン

漆を塗った製品は、古くは縄文時代の出土品からも多く見つかるほど、私たちの生活の中にとけこんでいます。
外国では漆器のことをジャパンと呼び、その容姿の艶や塗り肌を表現した言葉の「うるわしい・うるおう」が語源で、「うるし」と呼ばれようになったと言う説もあります。
漆塗り物には、独特の美しさがあります。神秘的な光沢、格調高い色合いは、年月がたつにつれ深みを増していきます。
また、優美さだけではなく、天然素材の漆は地球環境にやさしい無公害の塗料で、防水性や腐食性に対する耐久性、耐薬品性(酸・アルカリ・塩分)にも強い優れた素材です。
以上紹介したように、優れた素材の漆器を高級品だと思わずに、日常生活の中で気軽に使ってみてはいかがですか。
陶器より手ざわり、口あたり良く。熱にも強い。合成洗剤もOK。

本物が欲しがる一流

漆芸の「きゅう漆」という技法で、人間国宝に認定されている下館市在住の大西勲さんも30数年来使用しているのが大子漆(全工程)です。
大西さんは、大子漆は品質が良いと言います。透明度が高く質の良い漆は、大西さんにとって無くてはならないものです。
「お金を出し、次からつぎと新しい物を買うのではなく、一つのものを長く大切に使ってほしいと思います。それができるのが漆器です。」と話しています。
⇒「大西勲さんの略歴(作品画像)」はこちら

大子漆について

漆掻きで、大子町西金在住の桐原道明さんからのお話しです。
⇒「桐原道明さんからのお話し」はこちら

NPO法人麗潤館について

国産漆の振興のため大子町に拠点を置くNPO法人です
⇒NPO麗潤館のホームページはこちら

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光商工課です。

本庁2階 〒319-3526 大子町大子866

電話番号:0295-72-1138 ファックス番号:0295-72-1167

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

大子町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る