1. ホーム>
  2. くらし・行政>
  3. いざというときに>
  4. 災害等>
  5. 新型コロナウイルス感染症関連情報>
  6. お知らせ>
  7. 町からのお知らせ>
  8. 新型コロナウイルス感染症に関する町民への町長メッセージ(1月5日)

くらし・行政

新型コロナウイルス感染症に関する町民への町長メッセージ(1月5日)

 大子町長の高梨哲彦です。町民の皆様、明けましておめでとうございます。本年も、町民の皆様のご健康、ご多幸をお祈り申し上げますとともに、町政へのご指導、ご協力をよろしくお願い申し上げます。
 現在、新型コロナウイルス感染症につきましては、1月2日に県内初のオミクロン株の感染者が確認されるなど、第6波の心配が高まってきております。町民の皆様には、引き続き油断することなく、手洗いやマスクの着用、距離の確保、換気などの感染予防について、改めて心がけてくださいますようお願いを申し上げます。
 さて、昨年末ご案内したように、新型コロナワクチン接種の3回目を本格的に開始いたします。3回目接種では、これまでと違うワクチンを接種する「交互接種」が認められ、国内の全市町村にファイザー社ワクチンとモデルナ社ワクチンが供給されることになっております。
 3回目接種でのモデルナワクチンの使用でございますが、国からは、「交互接種」をしても安全性に問題がないことが報告されておりますので、敬遠することなく、前向きなご検討、ご理解をお願いいたします。
 この3回目接種でございますが、国の3回目接種の前倒し方針をもとに、「昨年7月末までに2回目接種が終了している方、主に65歳以上の方」のうち、早期接種を希望される方、限定2,000名の方を対象に、1月31日から2月12日の期間において、モデルナワクチンを用いて接種が受けられる機会を設けます。
 本日、1月5日付けで、「昨年7月末までに2回目接種が終了している方」約6,500名を対象に、先行接種に関する通知をお送りしております。早期接種を希望する方は、1月11日から1月25日の期間内に大子町コールセンターに予約を入れ、1月31日から町内医療機関において先行接種を受けることができますので、この機会をご活用くださいますようお願いいたします。
 3回目接種は抗体価を上げ、個人個人を感染や重症化から守るだけでなく、家族、地域全体の感染予防、まん延防止にもつながりますので、先行接種の活用をご検討くださいますようお願いいたします。
 なお、早期接種を希望されない方につきましては、2月14日以降において接種が受けられますので、接種券が到着するまでそのままお待ちくださいますようお願いいたします。ただし、ワクチンについては、在庫状況によりファイザーワクチンではなく、モデルナワクチンになる場合がありますので、その際はご了承くださいますようお願いいたします。
 「昨年8月以降に2回目接種が終了している方、主に64歳から満18歳までの方」の接種につきましては、今後接種スケジュールが決まり次第、お知らせをしてまいります。
 3回目接種につきましては、円滑な実施に努めてまいりますので、先行接種、その後の接種へのご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げますとともに、本年も私を始め、職員一同、町民サービスの向上に努力をしていく所存でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 以上、新型コロナワクチン3回目の接種について、ご案内をいたしました。

※FMだいご緊急起動にて放送した内容になります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課 総務担当です。

本庁2階 〒319-3526 大子町大子866

電話番号:0295-72-1114 ファックス番号:0295-72-1167

メールでのお問い合わせはこちら